ユニークなしきたり一杯の埼玉でのお葬式

埼玉でのお葬式

埼玉の秩父周辺でのお葬式では変わった風習があります。
お通夜の香典に紅白の水引をかけて「お見舞い」と書かれた袋が用意される事があるそうだ・・・ 他の地方の方が聞くと大変驚くでしょう。

紅白だからといって、決しておめでたいという意味ではなくお見舞いに行けずに申し訳ないとの意味合いがあるようです。
そして遅れて申し訳ないが、お見舞金としてお通夜でお渡しするというものだそうです。

埼玉のお葬式には他にも変わった風習を聞きます。
北部地域において、額に「かんむり」と呼ばれる白の三角布をつけてお葬式に参列する事があります。

お葬式でお見送りをしますが天国へはお一人で旅立って下さいとの意味で故人と同じ格好で参列するようです。

その他でも埼玉では葬儀終了後、火葬を行なう地域とあるいはお通夜の翌日に朝から先に火葬が行なわれる地域があるようです。

東京に程近い埼玉でのお葬式で既にこれだけの違いがあるのだから驚きだが、日本全国だと更にこの埼玉を凌ぐ変わった風習のお葬式があるに違いないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
*

Back To Top